カラーユニバーサルデザインに配慮しています

ワイヤレスイヤホン【Akiki TWS-P10】はフィット感が良すぎて快適!

読了時間: 約5

商品の紹介

TWS-P10

今回ワイヤレスイヤホン【Akiki TWS-P10】を購入して使った結果、けっこう快適だったので記事にしてみました。

SoundPEATS

引用:Amazon | SoundPEATS(サウンドピーツ) Q12 Bluetooth イヤホン 高音質 apt-X対応 マグネット搭載 マイク付き スポーツ ブルートゥース イヤホン ブラック | SoundPEATS(サウンドピーツ) | イヤホン・ヘッドホン

これはSoundPEATS(サウンドピーツ) Q12と言う商品で、これまでよく使っていました…

しかし犬との散歩の時コードが時々煩わしく感じたので、完全ワイヤレスを購入することに。

私はiPhone7Plusを使っていますが、「AirPods」は高いし、どうにもあのうどん(笑)の形が好きになれなくてAmazonで色々と探すことに。

そして「Amazon Choice」のラベルが付いていたこの商品を購入。金額は¥6,680。音を妥協するなら金額的にはせいぜいこれぐらいまでですね、購入するとしたら。

こんな人におすすめ
  • ランニングやウォーキングをする人
  • 犬の散歩
  • 通勤・通学
  • 音にこだわらず、気軽に外で音楽が聞きたい人

機能

タップ1回一時停止
再度タップ再生
左側イヤホン2回タップ前の曲に飛ぶ
右側イヤホン2回タップ次の曲に飛ぶ
左側イヤホン3秒以上長押し音量ダウン
右側イヤホン3秒以上長押し音量アップ
軽く長押しSiri起動
MEMO
通話をする時もタップを1回します。切るときは再度タップします。

特徴

ここをチェック!
  • Bluetooth5.0
  • 大容量バッテリーで(3500mAh)でいざという時スマホの充電も可能。
  • Siri対応(これが意外に重宝する)
  • IPX7完全防水防塵(雨の時でも大丈夫)

Bluetooth 4でも5でも音質には全く影響なし

Bluetooth5.0についてはこんな記事があります。こちらの記事を参考にしてください。

参考サイト
12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
ワイヤレスイヤホン/ヘッドホンが広く利用されるようになり、“Bluetooth”というワイヤレス通信規格の存在も認知されるようになったが…続きを読む

Bluetoothの飛ぶ距離ですが、10メートル近くまで大丈夫そうですね。スマホを充電しながら家の色んな場所で聞けます。

実際リビングにスマホを置いて試しましたが、確かに10m前後までOK。

注意
扉や壁など障害物にもよります

メリット

  • フィット感が良いので、着けていて外れる感じが全然しない
  • 周囲の音を完全に遮断しないので安全
  • 音質は値段なりだが、悪くない音だと思う
  • モバイルバッテリーとしても使える
  • ケースから取り出してすぐペアリングするのは便利

なんと言ってもこの商品の一番素晴らしい点はフィット感の優れていることにつきますね。外れる感じが全然しない。ランニングでもおそらく大丈夫でしょう。

コード付きのイヤホンでランニングしていた経験者から言うと、煩わしさが無くなるだけでも凄いですよね。

管理人

フィット感抜群!

それとこの商品に限ったことではないでしょうけど、ケースから取り出して耳に装着した時点で音楽が聞ける!時代の進歩を感じます。

この商品はコスパ的に言うことなしです。

しかし

音質にこだわる人は、この商品を選ばないほうが良いでしょう。悪くはありませんが、のっぺりした感じの音です。平面的と言うか…音の広がりに欠けますね。

金額的なことを考えると、仕方がないでしょう。そういう方はもう1〜2ランク上の商品を探しましょう。(SONYとかBOSE)

私がむしろ気になるのはノイズとか音切れ・音飛び。家の中ではなく、外出時に使用するものですからね。その不安はどうやら無いようです。そういう意味では今の所不満なく使えています。

管理人

モバイルバッテリーとしても使えるので、スマホの充電とかも出来ます。

注意
iPhoneの充電ケーブルは付属されていません。 充電のインジケータが、(イヤホンケース内中央にある)MAXの3つ点灯している時でないと充電出来ません。

デメリット

ここが残念
  • クリックの仕方にもよるが、時々誤動作する(タップ2回で次の曲に飛ぶが、一時停止したりする)
  • 取説がやや不親切で分かりにくい
  • 最低音量の調整がうまく出来ない
  • メーカーのホームページが見当たらない(Facebookは出しているみたい)

私のタップの仕方が悪いのかもしれませんが、割と繊細にタップしないと駄目みたいです。指が太いからなのかな?笑

センサーがおそらく敏感なのでしょう。ケースから取り出す時、センサー部を軽く触れただけで反応するみたいですからね。良すぎるのも考えものかもしれない。しかし鈍いよりは良いかな?

管理人

ランニング用の薄い手袋で操作しても、ちゃんと反応するのには驚きました笑

周囲に人がいないときはSiriを起動して指示してあげたほうが確実ですね。

取説に関しては別になくても構わないのですが、正直イマイチです。

そして音量に関しては、寝ながら聞く時もう気持ち小さくなれば良いかな?微妙な調整が効かないみたいですね。

これはiPhone側にも問題があるのだろうか?iPhone側で調整も無理みたい。

追記
こんな記事を見つけました。 どうやらこれはiPhoneの仕様?っぽいですね。
参考サイト
12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
このBluetoothのイヤホンでiPhoneを使うと…続きを読む

評価

TWS-P10の評価
デザイン
(3.5)
高音の音質
(4.0)
低音の音質
(3.0)
フィット感
(4.5)
外音遮断性
(5.0)
総合評価
(4.5)
MEMO
外音遮断性はある程度外部の音が聞こえるほうが、安全面で良いという評価です
nformation
音量調整の件はiPhone側に問題があることが分かったので、総合評価を4 4.5に引き上げました
AKIKIサポート
MEMO
まだサポートについては何とも言えませんが、一応商品には12ヶ月の保証があるようです
追記
2019年6月12日 読者から質問を受けました

左右の音量が違うのだけれど、調整方法は?

左右で個別に音量調節することは出来ません。もし左右の音量が違うと感じた場合サポートに一度問い合わせをしてみましょう

以上です。

まとめ

この種の製品が最近本当に増えましたね。選択するのが大変です。他にも良い製品があるかもしれません。それは私には分かりません。

色んな商品を試してみた上で選ぶのが勿論良いのですが、それが出来ない人にとって「Amazon Choice」のラベルが付いているこの商品は一つの目安になるのではないでしょうか?

管理人

低音は正直もう一つなんですが、これは価格を考えると仕方ないかな?

BOSEとAkiki

私が普段BOSEの音に聞き慣れているからかもしれません。(BOSEの低音は重厚感がさすがですね。)

まずは手軽に

ワイヤレスイヤホンを体験したい方にとって、この商品はおすすめ出来ます。購入して良かったですよ。

以上、お読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい
SoundPEATSQ30 【SoundPEATS Q30】はマグネット付きでスポーツジムでの使用に最適 【iPhone・iPad】小技・便利技テクニック10選 謝辞

これで無事100個目の記事となりました。このブログに訪れて頂き、重ね重ねありがとうございますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です