カラーユニバーサルデザインに配慮しています

「Safari」や「Chrome」で便利に使えるMacショートカットキー

読了時間: 約3
注意
当ブログの方針として本当に必要なもの以外取り上げていません。数だけ並べてみたところで、使わなければ意味がないと考えているからです。

開く・切り替え・再読み込み・閉じる

CHECK

Safari・Chrome共通のショートカットキーです。

Windowsの場合はCtrlに置き換えてください。

新規タブを開く

+ T
新規タブを開く Tはもちろんtabの略。これはよく使いますね。

CHECK
ついうっかりタブを閉じてしまった場合は+shift+Tで元に戻せます

リンクを新規タブで開く

+ クリック

リンクを新規タブで開く

注意
Safariの環境設定で説明していますが、Chromeでも同じことが出来ます。
  1. 環境設定
  2. タブ
  3. ⌘+クリックで リンクを新規タブで開くにチェック

右クリックで同じことが出来ますが、どちらを選んでも手間はさほど変わりません。

タブの再読込

+ R
タブの再読込(更新)「Reload」の略です。

タブの切替

+1 + 9
タブの切替

  1. 環境設定
  2. 「タブ」
  3. ⌘+1から⌘+9でタブを切り替えるにチェック

タブ、ウィンドウを閉じる

+ W
タブ、ウィンドウを閉じる(前回の記事で紹介済み)

ブックマークの登録

+ D
ブックマークの登録ですが連想しにくいので無理に覚える必要はありません。⌘+Bでブックマークの登録をしたいところですが、このショートカットは使えません。(文字を太字にする汎用ショートカットキーだからです)

ブックマークの登録をよくされる方のみ、このショートカットキーを使えば良いと思います。

移動系

ロケーションバーに移動

+ L
ロケーションバー(アドレス入れる場所)に移動。Lは(Location)ですね、覚えやすいです。私自身もこのショートカットキーはよく使います。

なぜならばブログ作成時、外部リンクの作成に便利だからです。⌘+Lで ロケーションバーを右クリックでコピーするだけで「copied」に格納します。

これだけで外部リンクの作成準備が出来てしまうからです。「copied」の紹介記事はこちらです。

あわせて読みたい
【copied】コピペを楽にしてくれる便利なクリップボード拡張ソフト

一番上に移動

+
一番上に移動。結構長いホームページでも一瞬で移動が出来ます。

一番下に移動

+
一番下に移動。

右のタブに移動

control + tab
右のタブに移動。

左のタブに移動

control + shift + tab
左のタブに移動。

SafariやChromeに限らず移動系のショートカットキーで真ん中にshiftが入ると逆順になるのは+shift+Tでも説明しました。

  • +T 新規タブを開く
  • +shift+T 閉じたタブを再び開く(逆順)

スクリーンキャプチャー

SafariやChromeでスクリーンキャプチャーをする場面は多いと思います。

MEMO
「macOS Mojave 」では、新たにショートカットキーが導入されました
注意
これらは真ん中にshiftが入っていますが逆順の意味ではありません

全画面スクリーンショット

+ shift + 3
全画面スクリーンショット

範囲選択スクリーンショット

+ shift + 4
範囲選択スクリーンショット

画面収録を実行

+ shift + 5
スクリーンショットを撮るか、画面収録を実行

「macOS Mojave」では新たにこのショートカットキーを使うことで、画面収録を実行することが可能になりました。

その他の利点としてこれを使うことで、例えばマウスポインタを映らないようにすることが出来ます。「Skitch」と同じショートカットキーを使いますね。

Skitchとの兼ね合い

Skitchを立ち上げているとコンフリクト(衝突)しますので、ご注意下さい。

Skitchをよく使う方は「画面収録を実行」ショートカットキーを

+ shift + 2辺りに変更しても良いでしょう。

ショートカットキーの変更

Skitchとは?

こちらの説明をどうぞ

Skitchとは、Evernote Corp. が提供している、撮影した写真やスクリーンショットに文字や図形を手軽に書き加えることができるアプリケーションの名称である。 Skitchを使用することで、画像の上に説明を加えたり、イラストを書き添えたりといった画像加工を行い、ユーザー間で共有することができる。引用元:IT用語辞典 Weblio辞書

まとめ

ブラウザはパソコンで最も使用頻度が高いので、最低限これだけは押さえておきたいというショートカットキーを紹介しました。以上、お読みいただきありがとうございました。