カラーユニバーサルデザインに配慮しています

これだけは押さえておきたい26個(+2)のMacショートカットキー

読了時間: 約4

コマンドー(⌘)キーを中心とした覚え方

Macで文書作成をしたりソフトを使用するのに、マウスやトラックパッドを使うよりショートカットキーで操作する方がはるかに早く出来ます。

入力している時は特にホームポジションから手を離したくないですからね。しかしショートカットキーの数は大変多いです。

全てを覚えるのは大変ですし、又覚える必要はありません。今回はコマンドー(⌘)キーを中心にどのソフトでも使える汎用(はんよう)のキーを中心に紹介します。

まずはこれらのキーを覚えることで、複合キー(shift.option.control)を使ったショートカットキーも覚えやすくなります。

MEMO
WindowsからMacに乗り換えた方は(Ctrl)キーが(⌘)に置き換わったと考えて下さい

モバイルは左スライドで全表示

ショートカットキー一覧

 キー動作
⌘+X 文字を切り取る
⌘+Ccopy文字をコピー
⌘+V 文字を貼り付け
⌘+Nnew新規作成
⌘+Oopen開く
⌘+Ssave保存
⌘+W 閉じる
⌘+Qquit終了
⌘+Bbold文字を太字
⌘+Iitalic文字を斜体
⌘+Uunder文字にアンダライン
⌘+(➕) 文字を拡大
⌘+(➖) 文字を縮小
⌘+⇦ カーソルを文の最初に移動
⌘+⇨ カーソルを文の最後に移動
⌘+delete カーソルの前を消去
⌘+Aall全てを選択
⌘+Z 操作を取り消す
⌘+shift+Z 操作の取り消しを取り消す
⌘+Ffind検索(キーワードを探す)
⌘+G 次のキーワードを探す
⌘+Pprint印刷
⌘+Mminimum最小化
⌘+(,) 環境設定を開く
⌘+tab ソフトの切り替え
⌘+スペース Spotlightで検索
MEMO
全画面表示は⌘ + control + Fですが、こちらのアプリでの使い方をおすすめします
参考サイト
12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
Managing windows size and position in OSX…続きを読む

このアプリの使い方についてはこちらの記事をどうぞ。

あわせて読みたい
【Mac】で「ショートカットキー」に便利な「⌘英かな」と「ShiftIt」

用途別

MEMO
この記事の画像は全てアップル社から引用したものを加工しています

切り取り・コピー・貼付け

切り取り・コピー・貼付け
  • + X 文字を切り取る
  • + C 文字をコピー
  • + V 文字を貼り付け

基本中の基本。一番有名で又よく使うキーなので必ず覚えて下さい。キー配列が並んでいるので覚えやすいと思います。

作成・保存

  • + N 新規作成
  • + O 開く
  • + S 保存
  • + W 閉じる
  • + Q 終了

文章を開いたり閉じたりするキーです。N.O.Sはスペルで連想出来ます。

文字の装飾

文字の装飾
  • +B  文字を太字
  • +I 文字を斜体
  • +U  文字にアンダーライン

文字装飾の代表です。WordやPages・一太郎などアイコンの場所に必ずB.I.Uのアイコンが置いています。

拡大・縮小・移動・消去

拡大・縮小・移動・消去
  • ++ 文字を拡大
  • + 文字を縮小
  • + カーソルを文の最初に移動
  • + カーソルを文の最後に移動
  • +delete カーソルの前を消去

選択・取り消し

選択・取り消し
  • +A 全てを選択
  • +Z 操作を取り消す
  • +shift+Z
    操作の取り消しを取り消す

これだけshiftが混ざっていますが、セットで覚えてしまいましょう。よく使うキーです。

検索

検索
  • +F 検索(キーワードを探す)
  • +G 次のキーワードを探す

検索系です。

MEMO
+Gの代わりにreturnでも探せます

その他

その他
  • +P 印刷
  • +M 最小化
  • +, 環境設定を開く
  • +tab ソフトの切り替え
  • +space Spotlightで検索
MEMO
⌘ +shift +tabで逆順になります。(⌘+shift+Z)と同様shiftキーを真ん中に入れて使うと覚えて下さい。
追記
⌘は使いませんが、便利なショートカットキーを追加しておきます。「Finder」や「メール」で一瞬に移動出来ますよ。
fn+←・→

fn +

項目全体の先頭にスクロールする

fn +

項目全体の最後にスクロールする

メールが例えば数百通あるとして、一番上から下までスクロールすればどれだけ時間がかかることか?これで一気にスクロール出来ます。お試しくだされ。

まとめ

今回は⌘キーを中心としたショートカットキーを紹介しました。実は⌘キーを中心にshiftキー・optionキー・controlキーを組み合わせることでもっと多彩な操作が出来ますが、まずは今日紹介したキーをしっかりとマスターして下さい。

以上、お読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

アイキャッチ画像【Mac OS Mojave】でミッションコントロールを快適にする設定方法「Safari」や「Chrome」で便利に使えるMacショートカットキー