カラーユニバーサルデザインに配慮しています

【Markdown】WordPressやはてなブログに投稿できる快適な記述方法

読了時間: 約4

Markdown(マークダウン)とは?

文章を読みやすくする軽量マークアップ言語です。簡単にHTML形式に表現できるので、初心者でも取り入れやすいのが特徴です。

構成と記事をざっとMarkdownで作っておいて、装飾を後でやるという場合などにもってこいですね。

こんな人におすすめ

ここをチェック!
  • HTML言語を本格的に勉強したいが、今は忙しくてその時間がない方
  • とにかくブログを早く簡潔に仕上げたい方
    (記事の作成と装飾を分けてやりたい)
  • Markdown(マークダウン)記法に興味のある方

主な記述方法

主なMarkdown記述

# 見出し1
## 見出し2
### 見出し3
#### 見出し4
##### 見出し5
###### 見出し6

> 引用

___ 分割線(ハイフンもしくはアンダーバーを3回打ち)

[リンク] (リンクURL)リンクを形成

**強い強調** アスタリスクで文字を囲む

_強調_(アンダーバーで囲む)

* リスト(アスタリスクと半角空ける)

1. 番号付きリスト(ピリオドと半角空ける)

``` (バックスラッシュ3回打ち)バッククォートで文章をはさむと「ソースブロック」

~~で、はさむと打ち消し線

他にもまだありますが、構成中心に考えるならまずはこれだけ押さえていれば大丈夫です。

マークダウン記法

メリットとデメリット

メリット
  • 覚えるアイテムがHTML記法に比べてはるかに少ない
  • 汎用性があるのでブログを引越しても影響がない
    (例)
    はてなブログWordPressなど
  • WordPressを使っている人は文章の骨組みだけをMarkdownで書き、プラグイン「AddQuicktags」などで装飾するといった分業が可能
デメリット
  • Markdownによる記法は、HTMLのすべてのタグに対応しているわけではない
  • 細かい記述までキーボードだけで完結させようと思えば、やはりHTML記法をマスターする必要がある

WordPressで使う

主に2つの方法があります。

  1. Markdown(マークダウン)対応エディタを使って下書きをし、WordPress編集画面に貼り付け
  2. WordPressのプラグインを使う

①の場合あらかじめJetpack(プラグイン)の使用が前提となります。もちろんWordPressの編集画面で直接記述しても構いません。

「Jetpack」の使用

インストール方法は省略します。多機能で有名なJetpackですが、「Markdown」にも対応しています。「サイト統計情報」の使いやすさだけでなく、こういう使い方も出来るので重宝しますね。

「設定」「執筆」プレーテキストのMarkdown構文で投稿やページに書き込みに「ON」
Jetpackでマークダウンの設定

Markdown(マークダウン)対応エディタを使う

こんなひとにおすすめ
  • WordPress・はてなブログの両方使っている方
  • PCのスペックに不安のある方(エディタで書くほうが軽くて、機能が豊富なので早く書ける)

主なエディタ

Windows Macに対応

Atom
GitHub社が提供する無料のテキストエディタで有名ですね。メニューが英語なので少し使いにくいかもしれません。

Visual Studio Code
Microsoftが提供するオープンソースの無料テキストエディタです。日本語化出来ます。動きも軽快ですね。多機能であるがゆえに、初心者向けじゃないのが気になります。(設定だけで567項目あります笑)

Visual Studio Code

プログラマーや開発環境者向けのソフトですが、Markdown記述で割り切って使うのもありですね。

「Auto-Open Markdown Preview」「Markdown All in One」「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」辺りの拡張機能をインストールすると、快適になります。

2019年2月24日追記
【Visual Studio Code】について、詳しく記事を書きました。
あわせて読みたい
アイキャッチ画像【Visual studio code】をマークダウンで使う簡単な設定とおすすめ拡張機能

Sublime Text

私も以前少し使っていました。メニューが英語なのでややとっつきにくいし、Markdown(マークダウン)で使うには別途パッケージの導入が必要です。

しかし使っている人は多いみたいですね。多機能で中・上級者に人気があるようです。全機能が無料ですが、「寄付」で賄(まかな)っているようです。

Macのみ

【MacDown】
無料です。少し使いにくいのが気になりました。
【Ulysses】
「Sublime Text」に比べ日本語のメニューで使いやすいです。WordPressに直接投稿できる機能もあります。このソフトのレビュー記事も書いています。

あわせて読みたい

Ulyssesアイキャッチ画像【Ulysses】(ユリシーズ) WordPressに最適なMarkdownエディタ
ダウンロードはこちらからどうぞ

Ulysses

Ulysses

Ulysses GmbH & Co. KG無料posted withアプリーチ

注意
Windowsのみのエディタ紹介は省略させていただきました

Day Oneで下書き

少し裏技ですが、下書き用にiPhone・iPadで超有名なライフログアプリ「Day One」もMarkdown記述が使えます。もちろんMacでも使えます。 iCloud Dropbox同期は便利ですね。

あわせて読みたい
【DayOne】(ライフログアプリ) おすすめの使い方
ダウンロードはこちらからどうぞ

Day One ジャーナル + ライフログ

Day One ジャーナル + ライフログ

Bloom Built Inc無料posted withアプリーチ

② プラグインを使う

「WP Editor.md」や「WP-Markdown」のインストール

WordPress マークダウンのプラグイン
 

「Jetpack」は使いたくないという人のために「プラグイン」として使えるエディタはこの2つです。使い勝手の良い方を選んでいただけたらと思います。

 はてなブログで使う

はてなブログマークダウンモード設定
手順
設定
基本設定
編集モード
Markdownモードにチェック

はてな記法モードだとはてなブログでしか使えないしなぁ…

目次の自動生成

はてなブログでは記事の見出しから目次を自動的に作成する「目次記法」が利用出来ます。

記事内の見出しとしてh3からh5を想定しているので、上記のうち###から#####を使用して記事を書くとよいでしょう。
引用元:はてなブログ「ヘルプ」より

## 見出し2

「見出し2」は、はてなブログでは使用しないほうが良いみたいですね。

どうしてこんな仕様になっているのだろう?

 まとめ

Markdownで記事を書くと、HTMLに比べてはるかに早く記事を仕上げることが出来ます。覚えるアイテムも少ないので、忙しくてなかなかブログを書く時間を取れない方は一度試してみてはいかがですか?

以上、お読みいただきありがとうございました